【KANJU】加古川市・高砂市周辺の新築一戸建て・分譲地なら全戸耐震等級3、住宅性能評価書付の関西住宅販売へ!

北向きの土地のメリット・デメリット

これから家づくりにするにあたり、土地を探しからスタートする方が多いかと思います。
土地はその土地が面している道路の方角によって、金額が大きく異なることがあります。
まったく同じ面積で、同じ立地でも、方角が違うだけで数百万円違うということもあります。
ここでは 北向き土地のメリットとデメリットを紹介していきます。

北向きの土地のメリット

○価格が安い

北向きの土地の最大のメリットは他の方角に比べて同一条件で金額が安いということです。価格重視の方にぜひおすすめしたいのが北向きです。

○車の日焼け対策

北向きの土地の場合は、基本的には北側に玄関・駐車場を配置することが多くなります。このことから駐車場を光がよくあたる南から避けることができるので、車を光から守ることができ、愛車を長持ちさせることが出来ます。
車の日焼け対策に関しては南向きでもカーポートなどを設置することにより、愛車を守ることは可能です。

○プライバシーを確保しやすい

北側に玄関、南側にリビングを設置することが多い北向きの土地では、南側からの人目を気にする必要がなく、プライバシーを確保しやすいというメリットもあります。

北向きの土地のデメリット

○日当たりの確保に工夫が必要

南側に建物が建つ場合が多い北向きの土地では、日当たりを確保するのに工夫が必要になります。南側に建物が建っていても、南側に十分なスペースをとることが出来れば、北向きの土地でも十分な日当たりを確保することが可能です。また、吹き抜けや天窓など間取りを工夫することでも、十分な明るさを確保することが可能です。

○将来的な資産価値

メリットの欄で価格が安いということを挙げましたが、価格が安いということは資産価値が低いということでもあります。将来的に売却する予定がある場合や、住みかえを考えている場合は、売却時に南向きと比べると価格が低くなる傾向にあります。

北向きの土地が向いているのはこんな人

  1. 土地を安く手に入れて、余ったお金を建物にまわすことで、こだわりのある家づくりができる

やはり他の方角に比べて土地を安く手に入れることが出来るというのは北向きの土地の大きなメリットです。
土地を安く手に入れることが出来れば、その分の費用を建物に配分することで、こだわりのオプションや設備を選ぶことも出来ます。
また、リビングに吹き抜けを設けたり、天窓を設けたり、北側の家屋との配置を工夫して間取りをすることで、快適な家づくりをすることも可能です。
土地は南向きしか嫌だと思っている方も、一度北向きの土地も候補に入れてみることで、選択肢がぐっと広がる場合もあるので、気になる土地があれば、その土地にどんな家を建てることが出来るのかを考えて土地を見てみると良いかと思います。