【KANJU】加古川市・高砂市周辺の新築一戸建て・分譲地なら全戸耐震等級3、住宅性能評価書付の関西住宅販売へ!

ウォークインクローゼットのポイント

新居に取り入れることが多いウォークインクローゼットは、ある程度広い空間のため多く物を入れることが可能です。
服や物が多いご家庭、家族の人数が多い方々には人気の収納です。この記事ではウォークインクローゼットについて紹介します。

ウォークインクローゼットとは

ウォークインクローゼットとはいわゆる歩いて入るほどのスペースのあるクローゼットのことを言います。
寝室の隣に設けられることが多いです。間取り図では頭文字を取ってWICと表記されることがあります。人が入れる広さなので少なくとも2畳以上はあると考えられます。

理想のウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットを作るためには、いかに通路部分を確保するかということが重要になってきます。
狭い通路だと常に服が当たり通り辛かったり、窮屈な見た目のためごちゃごちゃと見えてしまいます。
ハンガーに服を掛けて大体50~60cmくらいになるので奥行は60cmほど確保しなければなりません。
それを踏まえてウォークインクローゼットを作るようにしましょう。通路部分を確保するだけで日々の使い勝手が変わってきます。

ウォークインクローゼットに扉は必要か

ウォークインクローゼットを廊下等に作るなら扉を付けるのがほとんどですが、
寝室に作る時は扉を付けない時もあります。扉の有り無しはウォークインクローゼットを使う人が何を重視しているかによって作ることになります。
例えばスッキリした寝室にしたい方は扉をつけるとスッキリした部屋に見えます。ハイドアにするとよりスッキリ感が増します。
一方、服の出し入れが面倒と感じる方、ウォークインクローゼットの中に風を通したい場合は扉が無い方が便利に使えます。またコストカットがしたい場合もウォークインクローゼットの扉は優先順位が低いので仕分けしやすいという側面もあります。

ウォークインクローゼットに窓は必要か

ウォークインクローゼットは人の出入りが少ないこともあり空気がこもってしまいがちです。なので換気扇が必要ですが、窓は必要でしょうか。
窓があるメリットは換気ができるということです。掃除の時に換気もしたい方は窓が必要になります。窓を開けた方が換気は早いです。
デメリットは窓の前に物を置けなくなり、日当たりのいい場所だと服などが日焼けする可能性があります。
なのでハウスダスト等が気になり換気がしたい方は窓を付けるのがオススメです。気にしないという方は収納量重視で換気扇を付けるという方法でいいと思います。

ウォークインクローゼットで収納に困らない生活

ウォークインクローゼットは、奥行や通路部分を確保するため少し調整すればストレスが減ったり快適に使うことは可能です。扉や窓は使う人が何を重視しているかで、取り入れるかどうかを決めていきましょう。使う人によって使いやすい環境を作っていくことが一番だと思います。

実際に家を建てる時ウォークインクローゼットを作りたいと考えているならウォークインクローゼットのあるモデルハウスを見に行くのも一つの手です。実物を見ればどんな感じに作ればいいのかイメージしやすいのではないでしょうか。